中庸からだ研究室 健康は限りない自由です。素敵な人生を
 当院のカイロプラクティック
施術院ご案内
当院MAP
当センターの特徴
当センターの施術方法
足が全身に及ぼす影響
筋骨格系の悩み〜腰痛〜
筋骨格系の悩み
〜肩こり、手のシビレ、痛み〜
料金表
お客様の声
 当院治療以外の厳選コース
お腹集中くびれダイエット
靴の中敷きの作製
(スーパーフィート)
セルライトケア
食事療法[サプリメント]
料金表
クリスタルヒットセラピー
お問い合わせ
当センターからのお知らせ
院長プロフィール
院長の四方山日記
TopPage

オーダーメイドインソール(靴の中敷き)の作製

一人一人の足に合わせたインソールをお作りします。

筋骨格系の痛みを持たれる方、特に足や膝、腰が痛い方にはカイロプラクティックの治療と同時に使われると高い治療効果が期待できます。またゴルフ、マラソン等のあらゆるスポーツ時の怪我の予防、パフォーマンス向上に最適です。
当院では開院以来、SUPERfeet(以下スーパーフィート)のインソールを使用しています。

期待できる効果

・筋骨格系の痛みの軽減、予防(足の痛み膝の痛み腰の痛み首の痛み肩こりなど)
・身体バランスの矯正
・歩行、身体運動、スポーツにおけるパフォーマンス向上

※膝が痛い人はとにかく一度お試しください。痛みに年齢は関係ありません!!(吉田)


スーパーフィートとは?

スーパーフィートは1977年にアメリカで、医療用矯正器具を一般向けに改良し、安価で誰でも利用しやすい事を目的として生まれました。
創立者であるデニス・N・ブラウンとクリストファー・E・スミスは世界的に高く評価される足病治療研究所を運営しており、そこで得られた知識経験をもとにスーパーフィートは36もの特許を取得しています。
つまり、スーパーフィートは36の特許と数百万人もの生きた足の研究から得られた知識の結晶と言えます。

☆スーパーフィートは柔らかい足と硬い足を交互につくりだします

足は、着地時には衝撃を吸収し、地面に対応するために「柔らかい足(回内)」に、前進時しっかり体を支え、地面にしっかり力を伝える為に「硬い足(回外)」に自動的に変化します。その変化により安全に効率的な歩行、ランニングが可能になります。
しかし現在、80%の人が「いつも柔らかい足(過剰回内)」足になっていると言われています。(女性に多い)このような過剰回内足は前進時の力のロスが多く、足骨格や筋肉に余分な負担をかけるため、疲れやすく、痛みや怪我やさまざまな疾患を引き起こしてしまいます。

スーパーフィートは「柔らかい足(回内)」と「硬い足(回外)」の中間(ニュートラルポジション)の形でつくられています。そのため、正しい「柔らかい足」と「硬い足」を交互につくりだすことができます。
この動きは足裏のアーチ(土踏まず)が上下することでわかります。

ニュートラル 柔らかい足(回内) 硬い足(回外)
ニュートラルポジション(中間位) 柔らかい足(回内) 硬い足(回外)

※ニュートラルポジションでの成型はスーパーフィートの特許です。

☆スーパーフィートは足と身体に安定をもたらします

人の身体は足の上に載っています。足はまさに身体の土台となるものです。
テーブルの上に置かれた物はテーブルが不安定なら動いてしまうように、足がいつも柔らかい状態(過剰回内)のままだと、足骨格や上体も不安定になり、関節や筋肉を必要以上に動かして、疲労やパフォーマンスの低下、故障・疾患の原因になります。まさに空気の入ってないタイヤで走る自動車のようなものです。

スーパーフィートは硬いプラスティック製のスタビライザーで足を安定させ、踵部分のヒールカップが踵骨を垂直に保ちます。そのため、足骨格は正しい位置で機能を発揮することができ、足の過剰回内、回外などの動きを抑制しています。
足元の安定は、全身の骨格に安定をもたらしよい姿勢を生み出します。バランスの良い歩行は健康で快適な生活のための必須条件です。

※スタビライザーはスーパーフィートの特許です。

☆スーパーフィートは衝撃吸収能力を引き出します

歩行の踵接地の瞬間、下腿(すね)の部分で体重の5〜7倍の衝撃があります。そうなると当然着地時の衝撃吸収は大切になります。足には本来その性能が備わっています。

ひとつは素早く「柔らかい足(回内)」になって一定の衝撃吸収をします。
もうひとつは踵底の脂肪層です。踵にある約1.3cmの脂肪と頑丈な結合組織はそれだけで80%のエネルギーを吸収し、衝撃もほぼ半分にします。
しかし踵底の脂肪層はシューズ底内側が扁平なため、平たくつぶれて性能を発揮できないでいます。
スーパーフィートは、プラスティックの硬く球形のヒールカップが、踵の脂肪層を丸く維持して人体(足)にもとから備わっている衝撃吸収の性能を引き出します。柔らかいだけのインソールでは、衝撃は吸収しますが安定はもたらされません。衝撃吸収と安定性、二つの機能を同時に発揮できるのがスーパーフィートなのです。

※ヒールカップの形状はスーパーフィートの特許です。

☆スーパーフィートは安心・安全で健康な体をもたらします
1 快適で気持ちいい歩行、ランニングを実現します

足と身体の安定がバランスのよい姿勢をつくりだし、フットワークのパフォーマンスを高めます。スポーツ、日常生活、お仕事などで、疲れにくい快適さを実現します。

2 怪我や慢性疾患を予防、改善します

足骨格を正しく機能させるため怪我を防ぎ、関節、筋肉の過剰な運動をおさえて、足裏や踵の痛み、外反母趾、膝の痛み、股関節の痛み、腰の痛みなど、足や歩行が原因で起きている全身の筋骨格系の痛み、違和感、凝りを予防、改善、軽減します。

3 スポーツパフォーマンスを高めます

シューズに入っていて見えませんが、多くのプロ、アマ選手やスポーツ愛好家が愛用して、すばらしい成績を上げています。どんなスポーツ、アクティビィティーでも、怪我なく長く続けられるための必須アイテムです。
当院の患者様にも、マラソン、ゴルフ、テニス、トレイルラン、トライアスロン、エアロビクス、ウェイトトレーニング、等さまざまなスポーツでご利用頂いております。

4 身体に無理がありません

足骨格への矯正力をもっていますが、「安定」を設計の基本に置いているため身体に無理をさせません。長くご愛用いただくことで足骨格を改善し、人体の良いバランスを創りだします。QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に最適なアイテムの一つです。

スーパーフィートガイドブックVer.3抜粋(加筆)

 

スーパーフィートの使い方

スーパーフィートはいつ誰が使ってもその効果を発揮します。(もちろん副作用的なものは特にありません)靴を履かれる全ての人が適応といえます。

足、膝、股関節、腰に痛みを抱えている方はまず始めに靴を見直してみましょう。デザイン優先で作られたような靴や、古くなって底がすり減った靴形が崩れた靴はもちろんサイズの合わない靴底が厚い硬すぎるふにゃふにゃな靴、これら靴は身体に大きな負担をかけて容易に身体の痛みとなります。
もしご自分の今履いている靴が上記のような靴の場合は靴を変える事をお勧めします。そして新しい靴にスーパーフィートを入れます。

では、どんな靴がいいのか?

基本的には、極端でなければどんな靴でも構いません。
すでに身体のどこかに痛みを持った方はスニーカー(運動靴)が一番いいでしょう。迷ったらウォーキング、ランニング用の靴を選ばれるといいと思います。底が厚くて硬すぎるものは避けてください。また靴の後方、踵の部分(アキレス腱の下のところ)が柔らかすぎるものも避けてください。色を含めデザインはその中でもご自分が気にいった物を。(これ大事です)
靴は履く度に楽しく、身体も心も軽くならなければいけません(吉田持論)

スニーカーなんて履いて仕事できない!

当然、仕事があって四六時中スニーカーを履いているわけにはいかない方が殆どですので、基本スニーカーでプラスTPOに合わせてという事になりますが、そういう時にスーパーフィートをお使いください。スーパーフィートはどんな靴にも入るように種類が豊富にあり、スニーカーはもちろん、革靴ブーツヒールのある靴(極端に高いものは×)安全靴、などに使うことができます。

スーパーフィートの入った靴を履くことが、痛みの治療、予防になりますので、一番長く履く靴にスーパーフィートを入れて過ごされる事をお勧めします。

足のサイズ、靴のサイズ

ご自分の正確な足のサイズがわからないという方は、靴を買う時にお店で測られるとよいと思います。もちろん当院でも測ります。
ただ足のサイズは一定では無く、一日の中でも若干変化します。一日の中では夕方〜夜にかけて一番大きくなります。その時間にサイズを測るとほぼそれが最大のサイズであり、その時に靴を選ぶといいでしょう。
大き過ぎるサイズもいけませんが、小さい過ぎる靴はもっといけません。足の指の前に余裕があり、足の指が曲がっていない事を確認しましょう。

あと、サイズは立位と座位でも変わります。その差が大きい場合は足に問題がある場合があります。(立位でサイズが大きくなる)


中庸からだ研究室では

当院では痛みのあるなしに関係なくカイロプラクティック、鍼灸の治療と合わせてスーパーフィートをご使用される事をお勧めしています。いろんな理由がありますが一番の理由は、「ご自分の身体の事がわかる」ということです。ご自分の身体を知る事が健康への第一歩だと私は考えます。ご自分の足、身体の今の状態を頭で理解されること、スーパーフィートを使ったら身体がこう変化すると頭と体で理解すること、それがあなたを人生における、次の新たなステージに導くことになると私は考えています。

吉田紀人  

 

こんな靴に入れています

スーパーフィートの入った靴(ごく一部です)   

   

製作風景

ここの写真ではわかりやすいように短パンを履いていますが、
通常スーパーフィート作成時には着替えの必要はありません




施術院ご案内 | 当センターの施術方法 | 足が全身に及ぼす影響 | 筋骨格系の悩み〜腰痛〜 | 筋骨格系の悩み〜肩こり、手のシビレ、痛み〜 | 料金表
お腹集中くびれダイエット | オーダーメイドインソールの作製 | セルライトケア | 食事療法 [サプリメント] | 料金表 | クリスタル・ヒーリング
お問い合わせ | 中庸からだ研究室からのお知らせ | 院長プロフィール | 院長の四方山日記 | TopPage
このページのトップへ戻る

Produced by ARKWORLD