呼気中一酸化窒素濃度(FeNO)測定器 NIOX VERO(ナイオックス ベロ)

当院では平成27年6月より呼気中一酸化窒素濃度(FeNO)測定を開始しています。
呼気(はいた息)に含まれる一酸化窒素(NO)の濃度を測定して気道の炎症状態を評価する、新しいぜんそくの診断方法です。

FeNOの上昇は、気道に好酸球性の炎症があることを示します。ぜんそくの診断や、炎症の程度により増減するためぜんそく治療が 必要かどうかの判断や、また薬の効果も分かるため投与量の増減にも役立ちます。そのため治療の効率化にもつながると考えています。

どうして一酸化窒素(NO)が増えるのか?
ぜんそくにより、好酸球性の炎症が起きると気道の上皮で誘導型NO合成酵素(iNOS)というNOを作る酵素が増えます。 そこで、はいた息のNO濃度を測れば結果的に気道の好酸球性炎症の程度が分かるという仕組みです。





なにがわるのか?
気道に好酸球性の炎症がおきているかどうかがわかります。そのため、ぜんそくの診断に役立ちます。 ぜんそくのコントロールが良好かどうかの目安になります。
最近多い、せきぜんそくの診断にも役立ちます。

検査値の意味は?
日本人の成人健康者での正常値は約15ppbで、正常の上限値は約37ppbです。
ぜんそくを診断する場合、22ppb以上ならばぜんそくの可能性が高く、37ppb以上であればほぼ確実にぜんそくと診断できます。 ぜんそくの治療においては、NOが高値であればステロイド吸入が有効であると考えられ治療の必要性が判断できます。また、適切な 治療によりNOが低下するため治療効果の判定や、薬の増減にも役立ちます。

呼気NO検査の限界や問題点!
残念ながら呼気NO検査も万能ではありません。NOが高値を示さないぜんそくや、せきぜんそくの患者さんもおられます。ぜんそく 症状がある患者さんで、正常値の場合は、ぜんそくや、せきぜんそくが否定できるかというと必ずしも否定できません。他の 疾患の可能性も考えながらもぜんそくの治療をおこなう場合も多々あります。

アレルギー性鼻炎のある方は高めになり、喫煙者は低めになる傾向があるほか、ウイルス感染症や硝酸塩が豊富な食べ物の影響など、 様々な要因も呼気NO値に影響しているようです。

まだ問題点も多い検査方法ですが、咳やぜんそく症状の診断においては、アレルギーの関与の有無を簡便に知ることのできる検査方法であり、 また治療の指標ともなる検査法でもあります。

当院では、平成27年6月より実施し、診断や治療に役立てております。割と簡単な検査法で、特に痛みや、苦しさは伴いません。 年齢的には6歳以上なら可能な場合が多い様です。

ご不明な点があればお問い合わせください。