自律神経 筋筋膜療法 名古屋 小牧市 | メディカルバランスフレンズ | 整体 カイロプラクティック

メディカルバランスフレンズ 均整気功治療院 [ 気功・整体・筋筋膜療法・操体法 ]
均整気功治療 | 患者さんの声 | 治療院情報 | お問い合わせ | メディカルバランス フレンズ ブログ


この画像は美脚の為の浮腫取りウォーキングを普段の歩き方と比較した画像ですが、もう一段上の健康でいる為の歩き方を指導しています。

簡単に言えば歩き方が悪いために自律神経からの症状に悩まされている方が大多数です。 歩き方を正さなければ 治療で良くなっても、また悪くなります 根本の原因を正さなければなりません。
その為のウォーキングです。

例えば神経的な頭痛が出たとして このフォーキングを20分程してれば消えてしまいます 「身体の中心で歩く」 ことにより多少の歪みも整ってしまいます それに美脚効果(O脚 内股 外股の矯正効果)や体幹効果もあって軽やかで若々しい姿勢になれます。

うつ・パニックには自律神経治療

患者さんの声を更新しましたので是非ご覧下さいませ。


当院の治療 | 病気に対する考え方 | 喘息 | アレルギー | 歯槽膿漏 (歯周病) | 頭痛 | 四肢の痺れ
自律神経 | 更年期障害 | 風邪 (かぜ) | 骨格のズレについて | むち打ち症 | 声体・ポリープ | 症状


メディカル バランス フレンズ院長プロフィール

私はスポーツが好きで、子供の頃から22才までは柔道(2段)や空手を学び、その後テニスなど色々なスポーツにチャレンジしてきました。27才頃から始めたマラソンでは、54大会に出場し全て完走してきました。そういったスポーツを通じて、肉体や精神を鍛えてきました。

その中で多くの仲間と出会ってきましたが、その仲間を見ているうちに気付いたのですが、怪我などで体調を壊して、楽しいスポーツがなかなか出来ない。そんな姿を見ていく中で、何とかしてあげたい という気持ちが沸いてきて、自分が勉強して少しでも手助けができたらと思い、カイロプラクティックの世界に入っていきました。

しかし時間が経つにつれ自分の方向性と少し違うと感じ始めました。

それで、自分自身で体験したり多くの治療をしていく中で、独学で勉強し追求した結果、体のしくみから神経を治していくことが一番の根源である事に気付き、三位一体治療 を行い、原因の原因から改善させていく治療を身につけました。

自宅での治療が基本の為、施設にかける経費を抑えることにより、患者様に低料金での治療が可能になりました。現在では、北は方北海道、南は広島までの患者さんが来院しています。
▲ページトップへ戻る


■当院の治療

病気・症状の原因で「ストレス」と文言が含まれていたら、自律神経治療 が必要です。

神経から来る病気・症状には・・・
骨格のズレの修正 → 自律神経の正常化 → 病気・症状の完治
・・・の順で治療を行う三位一体治療 を必要とし、原因の原因から改善させていく治療です。
人は身体のバランスを崩す事により病気へと陥っていきます。
当院では崩れた身体のバランスを取り戻す為に、気功 ・ 整体 ・ハーモニック・ 筋筋膜療法 ・ 操体法 ・ オステオパシーなどによって完治へと導いていく、自律神経治療を主としております。
▲ページトップへ戻る


三位一体治療■病気に対する考え方

骨格のズレとは、週間により前後左右のバランスが崩れた筋肉により起こり、通常では現状と逆のズレは起こりにくく、ズレ方によって神経ダウンが起こり自律神経の低下を招き、さまざまな病気・症状を起こしていきます。

これを 三位一体治療 によって治すわけですが、習慣・筋肉改善を確り修正しないと、まだ同じような症状が起きてくるのです。

例えば 山に雨(骨格のズレ)が降れば川(自律神経低下)が出来、流れ着いたとこに池(病気・症状)が出来、そこに風が吹けば湖面に波(発作)が立ちます。

全ての水が干上がった(完治)したとしても、地形がこのままだと、また雨が降れば同じことです。
地形を変える作業は習慣や筋肉のバランスの改善をすることです。

▲ページトップへ戻る


自律神経
「うつ」・「パニック等」の精神の症状と言われるものには自律神経治療が必要です。
また性格だと思われてる 「キレる」 「短気」 「集中力がない」 「不安(くよくよする)」 といった様な現象が極度に起きたりするのは、それは性格ではなく 自律神経 による症状であり、放置しておくと思わぬ方向に症状が発展してしまいますので自律神経治療が必要です。
[ 自律神経失調症 (症例) ] ※自律神経の症状は病院では治りません。
パニック・うつ ・ 慢性疲労症候群 ・ 舌痛症 ・ めまい ・ 倦怠感 ・ 意欲低下 ・ 不安 ・ 食欲不振 ・ 耳鳴り
不眠症 ・ 下痢 ・ 便秘 ・ むくみ ・ 冷え性 ・ イライラ ・ 貧血 ・ 立ちくらみ ・ 頭痛 ・ 頭が重い ・ 咳
喉の異物感 ・ 頻尿 ・ 食欲不振 ・ 胃痛 ・ 吐き気 ・ 動機 ・ 微熱 ・ 全身のかゆみ ・ ほてり ・ 生理痛
過呼吸 など他にもあり
▲ページトップへ戻る


喘息
喘息の原因はハウスダスト・風邪・タバコ等といわれます。確かにこれらから喘息になって行きますが、これは原因ではなくきっかけに過ぎません。
原因は神経です。
発作とか咳が止まらなくなってる最中やその前に肩が痛くなった または目 鼻 耳 口(歯など)等に症状が出た経験のある人もおられると思います。これらは神経による症状です。
したがって治療は神経を正常にし気管支等の炎症を取り除いていくことです。
また初期的症状としては 煙 湯気などを吸い込んだ時咳き込む 他の風邪の症状が治まっても咳だけが止まらない こんな症状は「喘息喘息」といいこれから本格的な「喘息」になる恐れがあります。
▲ページトップへ戻る


アレルギー
当院の治療は一言で言えば、自己治癒力を高める治療であります。
重症的症状を抱えた患者さんが、長期的に治療に来られている方々のなかに、実は花粉症・アトピー・敏感肌等のアレルギー症状もある方が多いのですが、本来の重症的症状を治療している間に気付けば「アレルギーが治ってる」ってことがよくあります。
それは病気の方々は自律神経が必ず悪いです。アレルギーは胸腺でリンパ球のT細胞が製造されていて、その中のサプレッサーT細胞の異常により起こります。したがって自律神経を正せば胸腺も正常化してくることで治っていくのです。
▲ページトップへ戻る


歯槽膿漏 (歯周病)
歯槽膿漏は歯を磨いていればならないのか?どうして今起きたのか?
これは歯神経が低下したことに歯周病が進行して歯槽膿漏になる訳です。左右の歯が同時に症状がでることは少なく、歯神経の低下してる側から進行していきます。治療は低下してる神経を正常化させ歯槽膿漏(歯周病)の進行を止めて、炎症してるところを気功により除去することにより治めていきます。
▲ページトップへ戻る


頭痛
頭痛の患者さんは非常に多く、脳・血圧・腫瘍・神経などによる原因がありますが、その中の神経による原因が多く、これは血管が広がる事により偏頭痛になります。これは三叉神経の低下によるもので医学上は原因不明(レントゲンを目で見て判断している事に無理がある)になっていますが、頚椎の三次元による歪みによるもので、この歪を治し更に頚椎の歪の原因を治せば頭痛はその場で消えていきます。
▲ページトップへ戻る


四肢の痺れ
手の指先・腕・足の指・足全体等のしびれは脳・頚椎・腰椎等の原因がありますが、脳ならば話が出来ない・体の一部分が動かない等の症状が同時に出ます。この場合は病院に行って下さい。だが、そうではない場合は脊椎・骨格等の問題により神経圧迫により痺れが出ています。その原因を取り除けば今までの痺れが嘘のように取れますが、痺れている神経圧迫を取り除き、更に神経圧迫した原因を取り除く根本治療は病院では不可能です。
▲ページトップへ戻る


更年期障害
更年期障害は病院にかかれば35歳を過ぎたあたりから言われるようになりますが、全く現れない人もいます。現れる人と何処の違いが原因で症状が出るのかと言うと、自律神経です。薬や漢方薬では対処治療でしかありません。根本治療が必要です。
▲ページトップへ戻る


風邪 (かぜ)
風邪の症状は治癒力をリンパ・ツボ・気功により高め 「発熱・喉の痛み・咳・鼻水」 も治めることが出来ます。また他の症状で治療に来られてる方も知らず知らず治癒力が高まり、花粉症などの本来の来院目的とは違ってた (告げてもらってなかった) 症状も完治もしくは緩和されて行きます。
▲ページトップへ戻る


■ 骨格のズレについて
■例1) 「左の膝が痛い」 「左の肩が張る」 ・・・こんなことありませんか?
同じ側(左側)で症状が二つ重なったら骨格のズレを疑った方がよいですよ。それを放置すると、うつ病、もしくは内臓疾患に繋がる恐れがあります。

■例2)  「腰が痛い」 「肩が痛い」 「首が痛い」 「立ち眩み(めまい)」 「胃が痛い」 「不眠」などがありましたら自律神経失調症からくる症状のひとつです。自律神経失調症は骨格のズレからきておりますので、薬を飲んでも治ることはありません。

■例3) 鼻・目・歯・耳に何か障害が出ていませんか?
初期的症状だと顔の片側だけに症状がでます。
    ※鼻詰り・鼻血が片側になりやすい。
    ※片目だけが疲れやすい・視力が悪い。
    ※片側の耳が耳鳴り・中耳炎等になりやすい。
    ※片側の歯痛・歯槽膿漏が出始めてる。

■ 例4) 後遺症
さまざまな事故等による後遺症に悩まされてる方は骨格がずれています。
薬や漢方薬では絶対に治りません。必ず骨格・神経を治してください。

▲ページトップへ戻る


■むち打ち症
むち打ちとは事故以外でも、スポーツ等で頚椎をずらしてしまった事により起ります。病院で牽引、温熱治療などをしていると思いますが、牽引をしてもずれてしまった頚椎は絶対に元に戻る事はありません。必ず後遺症が残ってしまいます。それは、頭痛、めまい、うつ、内臓疾患など・・・様々な症状が起ります。今、痛みがなくても、長い年月を経て出てくる場合があります。ご自分の今の身体の状態を良く見極めて、心当たりが有る場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
▲ページトップへ戻る


■声体・ポリープ
声を出す職業の人に多く、手術する場合もありますが、声を出し過ぎることによるケガでありますが、声が出しにくいとか声、鼻の抜け方がおかしいとか現象が出てきます。背中の張り、仙骨、自律神経などの問題であり、神経の流れを戻す事により呼吸、発声に変化が出て来ます。
▲ページトップへ戻る


■症状としては [ 自律神経にの症状については上記に記載しております ]
坐骨神経痛 ・ 椎間板ヘルニア ・ 腰痛 ・ 分離症 ・ ぎっくり腰 ・ 寝違え ・ むち打ち ・ 歯槽膿漏 ・ 五十肩
膝痛 ・ 股関節痛 ・ 関節痛 ・ じんましん ・ 気管支炎 ・ 喘息 ・ 咳喘息 ・ 鼻炎 ・ 蓄膿症 ・ アレルギー疾患
眼疾患 ・ 痛風 ・ 胃潰瘍 ・ 膀胱炎 ・ 腎臓疾患 ・ 肝臓疾患 ・ 心臓疾患 ・ 内臓疾患 ・ 免疫疾患 ・ 糖尿病
子宮筋腫 ・ 子宮内膜症 ・ 婦人病 ・ うつ病 ・ メニエール病 ・ 難病 ・ 原因不明の症状などで・・・筋骨格系 ・ 三又神経系(目、耳、鼻、口) ・ 消化器系 ・ 呼吸器系 ・ 心循環器系 ・ 泌尿器系 ・ 生殖器系・・・感染症・ケガ以外は治療対象となります。また病気までとは言えないが検査をしても 「異常なし」 と言われたが、体は確実に通常ではない方は当院にご相談下さい。
▲ページトップへ戻る

均整気功治療 | 患者さんの声 | 治療院情報 | お問い合わせ