あそびをせんとやむまれけむ・・・
ご意見、ご感想、ご注文はお気軽に!
御贔屓有難う御座います≪ひげおやじノート≫です。なんとか10周年を迎えることが出来ました。
= HIGEOYAJI NOTE 2009 =


ひげおやじノートは、HIGEOYAJI、SHIOGAI、KOJIRO、SHIMA、TAKA、TETSUの共同サイトです・・・ごゆっくりどうぞ。

日吉9条の会
AD.2009
沖縄の基地問題をテレビで見ていて、ふと気が付きました。あれは米軍基地が日本を守っているのではなくって、周辺住民が米軍基地を守らされているんだ・・・ミサイルを撃ち込まれれば即周辺住民に被害が及ぶ・・・アメリカに一撃の心算が、日本人にも火を点けることになる。経済大国2つを同時に相手にすることになる。沖縄の人たちは人質・人間盾、基地の点在する日本国中がアメリカの盾・・・それを、「おもいやり」大金支払って・・・★いま、静かな話題作!―★『背に香る若草たち』★『 気がつけば裸の王様 』★『平成落書たんたんたかたか』…最寄りの書店でお買い求め下さい* * * * 頭の中がスッキリします。
九条の会へお入りください
★[丹波心の旅]
★[辛口コラム]
★[東丹波古語
・方言録]

★[平和憲法を
活かす会]
大堰川ネット書房
ひげおやじの
=妄言録=
アメリカと大企業と官僚とママの手のひらで顔色ばかり窺ってたら良くなりません。
あーぁ日本は終わりますね・・・・。
*21世紀市民社会フォーラム・・・・・・
*サンデー毎日/毎日新聞
*週刊朝日/朝日新聞出版
*週刊ポスト/小学館
*マンガ蟹工船/赤旗
*琉球新報/相模経済新聞
*法学館憲法研究所
「平成落書」は日吉ダム・京丹波町つぼみ書店さん・京丹波町マーケス内プリズム書店さん
 ・京丹波町R27喫茶モカさん・福知山市三和町R9喫茶MANYさんにも置いて頂いてます。
[妄言録01]
[妄言録02]
[妄言録03]
[妄言録04]
[妄言録05]
[妄言録06]
[妄言録07]
[妄言録08]
[妄言録09]
[妄言録10]
[妄言録11]
[妄言録12]
[妄言録13]
[妄言録14]
大堰川ネット書房
[日吉町民の声]
[日吉町民の声]
[日吉町民の声] [日吉町民の声]
保守系政党の“ゴッコ遊び”に付き合っているほど、私の生活には余力がありません。あなたは如何ですか? ひげおやじの妄言録へ一度お越しください・・・断末魔のつもりで書いています。 妄言15
妄言16
妄言17
妄言18
妄言19
妄‐20
妄‐い
妄‐ろ
妄‐は
妄‐に
妄‐ほ
妄‐へ
妄‐と
妄‐ち
妄‐り
妄‐ぬ
平成落書たんたんたかたか・しおがいふみあき著・・・




第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1・日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2・前項の目的を達するため、
陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。

『早く大きくなると食べられてしまいますが、じっくり大きくなると春に花を咲かせられるかも・・・』

改憲派を含め、どなたでもご参加いただけます… ご意見、ご感想、ご注文はお気軽に! 風の本屋京都府船井郡京丹波町の9条の会 効果的な景気浮上策があります…[消費税撤廃]

迷惑メール相談センター

国政に続き、今度は京都府政を変えよう 私の府政を行う立場と考え・現時点での政策案

【1】京都府政が行ってきた従来の「構造改革路線」を転換し、ひと・いのちが大切にされる京都府政をつくる。
【2】雇用を守り、京都経済の主役である中小企業・地場産業・農林漁業を支援することで、地域経済再生をすすめる京都府政をつくる。
【3】京都と日本の将来をになう子どもの成長を保障する京都府政をつくる。
【4】「地域住民主権」を重視し、参加型の地方自治を基礎にした京都府政をつくる。
【5】憲法9条、25条に規定された平和、生存権を基礎として、国に対し、しっかりとものを言う存在感のある京都府政をつくる。


日本国憲法(前文)

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、
われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、
政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。
そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、
その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。
われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、
政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
We, the Japanese people, acting through our duly elected representatives in the National Diet, determined that we shall secure for ourselves and our posterity the fruits of peaceful cooperation with all nations and the blessings of liberty throughout this land, and resolved that never again shall we be visited with the horrors of war through the action of government, do proclaim that sovereign power resides with the people and do firmly establish this Constitution. Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people. This is a universal principle of mankind upon which this Constitution is founded. We reject and revoke all constitutions, laws ordinances, and rescripts in conflict herewith.
We, the Japanese people, desire peace for all time and are deeply conscious of the high ideals controlling human relationship and we have determined to preserve our security and existence, trusting in the justice and faith of the peace-loving peoples of the world. We desire to occupy an honored place in an international society striving for the preservation of peace, and the banishment of tyranny and slavery, oppression and intolerance for all time from the earth. We recognize that all peoples of the world have the right to live in peace, free from fear and want.
We believe that no nation is responsible to itself alone, but that laws of political morality are universal; and that obedience to such laws is incumbent upon all nations who would sustain their own sovereignty and justify their sovereign relationship with other nations.
We, the Japanese people, pledge our national honor to accomplish these high ideals and purposes with all our resources.
現平和憲法の草案は日本人憲法学者によって創られた・・・GHQは戦前の権力者達を抑え編集したに過ぎない。


大堰川ネット書房
「全世界が平和であって欲しい」と願っています。9条を失くしたくないというのは「自分たちだけが平和だったらいい」と考えているからではありません。誰の命も犠牲になって欲しくない。9条を守るというよりも、9条の精神を以て世界に平和を広げたい。そのための方策を多くの人と共に考えたい。この書店は、そのために作りました。武力行使によってつくられた「見せかけの平和」がどれほど脆弱か、陰に渦巻く恨み・悲しみを我々は知っています。これからも、いろんな本を集めていきたいと考えています。<おやじ>


ほんとうのこと

大堰川ネット書房

背に香る若草たち―ヒゲオヤジ・「C」級元美術教師の放職・塩貝文明著
■ひげおやじ妄言録2005■
@ A B C D E F G H I J K L
M N O P Q R S
「日本人は平和ボケ」といわれますが、私に言わせれば、それは「戦争の悲惨さ」を忘れてしまった人たちのことです。所得を削り、不満を増幅させ、責任を他者に擦り付け、暴力で向かわせる…現在は、本当に戦前に似ています。このままで良いのでしょうか? このまま誰かの儲けのために憲法を変えて…ワールドトレードセンターは盧溝橋、歴史は繰り返す。
日吉9条の会
*「ご意見・お問い合わせ」欄が小さく載っています。最近はニュースについて考えさせられることばかり。目に余るときは意見を送りましょう。ただし、ご自身の情報は控えめに。
…NHK日本放送協会
…讀賣テレビ放送株式会社
…毎日放送
…関西テレビ
…株式会社テレビ朝日
「売る」と「売れる」は違う。
風の本屋
大切だと思うものを売る。
必要だと感じるメッセー
ジを伝える。そういうこだ
わりを大切にされている
お店です。
文部科学省の中に、教育の在り方を決める部署があります。省内外から教育関係者を集め、この国の学校教育の在り方を検討していくところです。20年余り前、ここに、「金儲けとして教育に携わる人たち」が加えられました…。そして、彼らが主張したのが「競争原理」でした。しかし「学習」というものは勝ち負けでやるものではありません。<興味・関心>でやるものだと思うのです。友達どころか、気がつけば周りは皆敵…
「漁船の側が避けてくれると思った…」平成の大本営発表は、まるで社会ルールを知らない暴走族でした。

「百俵の精神説いて集めた米は、勝ち組だけのにぎりめし」<改革>を掲げながら多くの国民を貧困に追いやった人たちと、<改憲>を叫ぶ人たちは同じです。
憲法九条改悪反対署名京都実行委員会
インターネット九条の会
「9条の会」に賛同する関西歴史研究者の会
Never Change Article9<Keep9>

ノーベル平和賞受賞者ヒロシマ・ナガサキ宣言

大堰川ネット書房
ネットで旅行気分/大使館・友好記念館サイト
★★★★★強制加入式有料姨捨山
←平成20年4月OPEN! 労働者使い捨て毟り取り=官僚政治家贈収賄天 下り裏金大国 大堰川ネット書房
いま、われわれは、マスメディアのフィルターで中国とチベットを見ています。あなたはそれだけで判断しようとしていませんか?
マスメディアは、いつでも「大本営」に変身する用意ができています。この媒体を100%信じられますか? いま、中国以外の地域でこの問題を取り上げたとき、人権を蹂躙しているように映っていますが、内側に住んでいる人たちは、もう少し別のとらえ方をしているようです。させられているのかも知れません。しかし、それは、直に接して中国の人たちと交流しなければ分らないことです。
つまり、きな臭いときほどオリンピックはするべきなのです。暴力が使われたからといって、暴力で聖火リレーを妨害して、いったい何が残るのでしょうか。やっていることは同じじゃないですか。
表面上は口止めされているかもしれませんが、交流の中で、ささやかでも本当の人間同士の繋がりができればいいと思いませんか。こんな時だからこそ、北京オリンピックは成功させるべきなのです。
オリンピックはメダル取り合戦ではありません。
選手・観客がごちゃまぜになって接するところに意味がある・・・これが「9条」を礎にした考え方です。
いま、われわれは、マスコミのフィルターしか見ていません。そのことだけは深く心に留めておく必要があります。

反貧困ネット
京都・鞍馬寺からのメッセージ
はるか昔、お釈迦様はお説きになりました。憎しみと怒りと貪りの心を捨てた時に平和が訪れると。今、私たちは、戦わないという勇気ある選択をした人類の至宝『日本国憲法』をもっています。戦争で悲しまないために、戦争で悲しめないために、お釈迦さまのみ教えと平和憲法を両輪として、平和への道を進みましょう。その昔、一の谷、屋島、壇の浦。戦って、戦って、戦った義経は、戦いのむごさ、むなしさに気づき平泉では戦いませんでした。すこし前、真珠湾、硫黄島、沖縄、戦って、戦って、破れたわが国は、戦争の悲惨さ理不尽さを知り、永久に戦わないと誓いました。戦争で悲しまないために、戦争で悲しめないために、平和の道を目指したのです。 『日本国憲法』は平和の基盤。日本が世界に誇れる宝です。
「政治改革」とは言うけれど・・・もともと何を「改革」して欲しかったのかを、この国に暮らす大人全員に是非問い直してもらいたい。ひっきりなしに吊り上げられる税金の一方で、莫大な贈収賄や、裏金、厚生労働省・社保庁・防衛省・・・のような杜撰な運営が繰り返され、現在も無反省に続けられている。




マスコミや週刊誌が騒いでも、彼等官僚や政治家による不祥事は依然後を絶たない。しかし、<小泉政権>以降の内閣や、橋下知事ら地方自治体が進めている「改革」は、それら腐敗部分を温存して、まじめに働いている末端の公務員や施設労働者の賃金・労働条件を切り捨てること、一般市民が勝ち取ってきた公共サービスを切り捨てることにすり替えている。たまたまテレビ映りが良かったぐらいで改革の本質も見極められずに一票を投じてしまう国民の<意識の低さ>に一番の問題があるのだが、もうこれ以上ペテン師政治家に「改革」を任せておいてはいけない。
戦後復興一番の功労者を「後期高齢者」とは何事か! 人間をすり減った工具のような扱い…こんなこと絶対に許してはいけない。



ひげおやじノート=1999/02/25 開設= HIGEOYAJI… オーナー・コラム・美術館担当=船井在住文筆家・農民/SHIOGAI…展覧会情報・エッセイ担当=嵯峨美大洋画9期生・講師/KOJIRO…HP制作補助=園部在住・イラストレーター/
SHIMA…会社員/TAKA…派遣社員/TETSU…学生/